更年期障害と老人性包茎に関係はあるのか?!

更年期障害で包茎!?

kounenki

「更年期障害で苦しむようになってから包茎気味になった……」

と悩んでいる人は、実は少なくありません。

歳を重ねると、それまで包茎でなかったのにもかかわらず包茎になってしまうことがあります。

しかし、それは更年期障害の症状ではありません

「老人性包茎」なのです。

放置すると危ない埋没包茎

老人性包茎とは中高年になってくると発症する可能性が大きくなる包茎で、60代以降になると5人に1人がこの老人性包茎だと言われています。

厳密に言えば老人性包茎とは、加齢とともに出てきたお腹や垂れた皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、あるいはペニス自体が委縮して短くなり、そこにお腹が垂れてくることでペニスが包皮をかぶってしまうことを言います。

つまり、老人性包茎と更年期障害はまったく関係がないのです。

そのため、老いてから包茎になってしまったという人は老人性包茎の治療を受ける必要があります。

老人性包茎はペニス増大によって治療することがほとんどです。

その理由は老人性包茎とは歳を重ねることで垂れた下腹部によってペニスが見えなくなっているペニスを大きくすることでで体外にペニスを露出させることが必要だからです。

つまり、埋没した部分以上にペニスを露出させることで老人性包茎を治すということです。

ペニス増大はクリニックでの長茎手術かペニス増大サプリと呼ばれる精力剤を飲んで治療を試みましょう。

当サイトではペニス増大サプリを使った方法をオススメしています。

なぜなら、ペニス増大サプリを飲むことでペニスを大きくすることができるだけでなく、一緒に男性更年期障害までも克服することに期待できるからです。

もし更年期を過ぎて急に包茎になってしまったのなら老人性包茎の治療を試してみましょう。

また、包茎の治療はソウロウの治療にもつながるので、早漏で悩んでいる男性にもおすすめです。

興味がある人は、こちらのウェブサイト『包茎の治療で早漏を改善』で詳しく書かれているので、参考になさってください。

男性更年期障害のチェックリスト

チェック数が多い人は危険度大!

男性ホルモンの著しい現象が引き金となって起こる男性更年期障害。

しかし、自分の男性ホルモンが減ったかどうかなど中々判断しづらいです。

少なくとも何も知らないままでは自己診断することは絶対に不可能です。

当サイトでは自分が男性更年期障害かどうかを簡単に見極めることができるチェックリストを掲載しているので是非活用してください。

~男性更年期障害のチェックリスト~

  • 体調がすぐれず、気難しくある
  • 眠りが浅い(不眠気味だ)
  • うたた寝することが多くなった
  • 急に不安になる
  • 一つの失敗を後に引きずりやすい
  • 火照り・のぼせがある
  • 汗っかきだ
  • 動悸や息苦しさを感じることが多い
  • めまいや吐き気がある
  • 疲れやすいのに、疲れが取れにくい
  • 腰痛、手足の関節痛がある
  • 頭痛、頭重、肩こりがある
  • 手足がしびれる
  • 朝勃ちしなくなる
  • 性欲の低下を感じる
  • 体力の低下を感じる
  • 勃起力の低下を感じる
  • 集中力の低下を感じる
  • 身長が低くなった
  • 楽しい気分になることがあまりない

チェックの結果、病気でないにもかかわらず3つ以上の項目をチェックした場合、男性更年期障害の確率が非常に高いです。

また、5つ以上チェックしたのならまず間違いなく男性更年期障害です。

例外として「性欲の低下を感じる」と「勃起力の低下を感じる」に関してはこれ1つだけをチェックした場合でも男性更年期障害だと認定されやすいです。

どの項目も身近なことのように見えるので本当に危険かどうか疑わしく思う人もいますが、この身近なことが重なってしまうと体に大きな害が出やすいのです。

自分に嘘をつかずにしっかりとチェックして男性更年期障害かどうかを確かめましょう。

男の更年期障害の原因

なぜ更年期障害になるのか

男でも更年期障害になるということを知った以上、その原因も知っておかなければなりません。

男が更年期障害になるのには次のような原因があります。

  • 加齢
  • ストレスの蓄積
  • 運動不足

この3つが男性の更年期障害の引き金になりやすいです。

歳をとればとるほど更年期障害になる男の数は増えてきますし、激務に追われて球速があまりとれない人ほど更年期障害に悩んでしまうものなのです。

実はこの3つの原因にはある共通点があります。

それは男性ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。

男性ホルモンと更年期障害

男性ホルモンは字の通り男性を男性たらしめるために必要なホルモンです。

10代でどんどん分泌量が増えていき、25歳頃をピークにどんどん分泌量が下がっていきます。

そして、40代を迎えると男性ホルモンの分泌量は一気に減ってしまいます。

この男性ホルモンの分泌量が一気に減ってしまうことが男性の更年期障害のきっかけとなってしまうのです。

男性ホルモンの分泌量が減ってしまうと体に色々な異常をきたします。

  • ED
  • 抜け毛・薄毛
  • 射精量の減少
  • 疲労がたまりやすくなる
  • 太りやすくなる

男性ホルモンの分泌量の低下はこのような事態を招いてしまいがちであり、更年期障害もこの中に含まれるのです。

分泌量の減少は個人差がありますがどんな人でも何らかの対策をしていなければ45歳を迎える頃には確実に何らかの予兆があると言われています。

また、ストレスが溜まったり運動不足だと年齢に関係なく男性ホルモンの分泌が減ってしまいがちです。

そのため、男性の更年期障害を招く確率が上がってしまうのです。

男性ホルモンの減少は毎日の食事や生活習慣を改善することで食い止めることができますが、一番良い方法は精力剤やメンズサプリメントを飲むことです。

衰えを感じ始めたら精力剤を飲んで更年期障害の予防・治療に役立ててみてはどうでしょうか。

男の更年期障害の症状

更年期障害になると危険がいっぱい

TVや雑誌などで男性の更年期障害の特注が組まれることが多くなってきていますが、一体どのような症状があるのでしょうか。

女性の更年期障害と比べてどのような症状の違いがあるのでしょうか。

多くの男性が気になっているであろう男性の更年期障害の症状を紹介します。

身体的症状
  • 体の火照り
  • のぼせ
  • 冷え性
  • 動悸
  • 息切れ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 倦怠感
精神的症状
  • 不眠
  • うつ・うつ傾向
  • 食欲不振
ペニスへの悪影響
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 性欲減退
  • 精力減少
  • ED(中折れ)

男性の更年期障害の症状のほとんどは男性ホルモンンが少ない時の症状と同じです。

自律神経に異常をきたすので体に目立ちにくい害が色々と出てきますが、どれも「歳だから」という理由で片付けられそうなものばかりです。

だからこそ、男性の更年期障害は多くの人に認知されにくいのです。

また、男性の更年期障害はペニスに大ダメージを与えてしまいます。

更年期障害になってしまうとEDや性欲減退、精力の減少を招いてしまうので性行為を行いにくくなってしまうのです。

さらに普通のEDや性欲減退とは違って更年期障害だと本人に改善しようという気持ちが芽生えにくいので治療できないままということが非常に多いのです。

だからこそ、自分での気付きも必要ですが、セックスパートナーによる気付きも男性の更年期障害の治療では重要になってくるのです。

これら男性の更年期障害の良い改善法として当サイトでは精力剤を使う方法をオススメしています。

通院での治療やカウンセリングも確かに効果的ですが、これらの方法だと更年期障害で悩んでいる人が完治するまで通い続けられる確率が低いのです。

そのてん、精力剤ならば毎日ただ飲むだけなので継続しやすいのです。