男性更年期障害のチェックリスト

Pocket


チェック数が多い人は危険度大!

男性ホルモンの著しい現象が引き金となって起こる男性更年期障害。

しかし、自分の男性ホルモンが減ったかどうかなど中々判断しづらいです。

少なくとも何も知らないままでは自己診断することは絶対に不可能です。

当サイトでは自分が男性更年期障害かどうかを簡単に見極めることができるチェックリストを掲載しているので是非活用してください。

~男性更年期障害のチェックリスト~

  • 体調がすぐれず、気難しくある
  • 眠りが浅い(不眠気味だ)
  • うたた寝することが多くなった
  • 急に不安になる
  • 一つの失敗を後に引きずりやすい
  • 火照り・のぼせがある
  • 汗っかきだ
  • 動悸や息苦しさを感じることが多い
  • めまいや吐き気がある
  • 疲れやすいのに、疲れが取れにくい
  • 腰痛、手足の関節痛がある
  • 頭痛、頭重、肩こりがある
  • 手足がしびれる
  • 朝勃ちしなくなる
  • 性欲の低下を感じる
  • 体力の低下を感じる
  • 勃起力の低下を感じる
  • 集中力の低下を感じる
  • 身長が低くなった
  • 楽しい気分になることがあまりない

チェックの結果、病気でないにもかかわらず3つ以上の項目をチェックした場合、男性更年期障害の確率が非常に高いです。

また、5つ以上チェックしたのならまず間違いなく男性更年期障害です。

例外として「性欲の低下を感じる」と「勃起力の低下を感じる」に関してはこれ1つだけをチェックした場合でも男性更年期障害だと認定されやすいです。

どの項目も身近なことのように見えるので本当に危険かどうか疑わしく思う人もいますが、この身近なことが重なってしまうと体に大きな害が出やすいのです。

自分に嘘をつかずにしっかりとチェックして男性更年期障害かどうかを確かめましょう。