男の更年期障害の原因

Pocket


なぜ更年期障害になるのか

男でも更年期障害になるということを知った以上、その原因も知っておかなければなりません。

男が更年期障害になるのには次のような原因があります。

  • 加齢
  • ストレスの蓄積
  • 運動不足

この3つが男性の更年期障害の引き金になりやすいです。

歳をとればとるほど更年期障害になる男の数は増えてきますし、激務に追われて球速があまりとれない人ほど更年期障害に悩んでしまうものなのです。

実はこの3つの原因にはある共通点があります。

それは男性ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。

男性ホルモンと更年期障害

男性ホルモンは字の通り男性を男性たらしめるために必要なホルモンです。

10代でどんどん分泌量が増えていき、25歳頃をピークにどんどん分泌量が下がっていきます。

そして、40代を迎えると男性ホルモンの分泌量は一気に減ってしまいます。

この男性ホルモンの分泌量が一気に減ってしまうことが男性の更年期障害のきっかけとなってしまうのです。

男性ホルモンの分泌量が減ってしまうと体に色々な異常をきたします。

  • ED
  • 抜け毛・薄毛
  • 射精量の減少
  • 疲労がたまりやすくなる
  • 太りやすくなる

男性ホルモンの分泌量の低下はこのような事態を招いてしまいがちであり、更年期障害もこの中に含まれるのです。

分泌量の減少は個人差がありますがどんな人でも何らかの対策をしていなければ45歳を迎える頃には確実に何らかの予兆があると言われています。

また、ストレスが溜まったり運動不足だと年齢に関係なく男性ホルモンの分泌が減ってしまいがちです。

そのため、男性の更年期障害を招く確率が上がってしまうのです。

男性ホルモンの減少は毎日の食事や生活習慣を改善することで食い止めることができますが、一番良い方法は精力剤やメンズサプリメントを飲むことです。

衰えを感じ始めたら精力剤を飲んで更年期障害の予防・治療に役立ててみてはどうでしょうか。