男性の更年期障害の治療

男性の更年期障害を治そう

更年期障害は決して放置していいものではありません。

もし自分や自分のパートナーが更年期障害に悩んでいるようなら治すことが大事です。

男性の更年期障害の治療法は色々ありますが、中でも一番有名なのは病院に通うことです。

男性の更年期障害の治療でもっとも多くの人が頼っているのが病院への通院です。

ちなみに女性の更年期障害は婦人科に通えば治療できますが、男性の場合はどこに通えばいいのか知っていますか?

男性の更年期障害を専門的に取り扱っている外来の数はかなり少ないです。

そのため、男性の更年期障害の病院治療は悩んでいる症状によって通院する場所を変える必要があるのです。

倦怠感が強い、疲れやすい

「疲れやすい身体を治したい」「検体癌がぬぐえないのを何とかしたい」という更年期障害治療は心療内科か内科に通院するようにしましょう。

自分の抱えた症状を医者に話すことで改善できることもありますし、自分の身体の異常を治すことができる薬を貰える場合もあります。

また、内科や心療内科でも改善の兆しが見られない場合は神経精神科に通うことをオススメします。

頻尿、残尿感、ED、精力減退

自分の抱えている更年期障害の症状が「頻尿」や「ED」といったようなペニスに関係することの場合は泌尿器科やメンズクリニックに通いましょう。

男性更年期障害になってしまうとペニスへのダメージが目立ちやすいので、当サイトとしては病院よりもペニスの悩みを専門的に取り扱っているメンズクリニックに通うことを強くお勧めしています。

注意点としてメンズクリニックでの治療は保険が適用されないのである程度のお金が必要になってくるということは覚えておきましょう。

男性の更年期障害はこのように病院で治すことが一番有名ですが、当サイトとしては精力剤やメンズサプリメントを用いた治療もオススメしています。

精力剤での更年期障害の治療はまだ有名ではありませんが、今徐々に人気が高まっているので要注目です。

男性更年期障害のチェックリスト

チェック数が多い人は危険度大!

男性ホルモンの著しい現象が引き金となって起こる男性更年期障害。

しかし、自分の男性ホルモンが減ったかどうかなど中々判断しづらいです。

少なくとも何も知らないままでは自己診断することは絶対に不可能です。

当サイトでは自分が男性更年期障害かどうかを簡単に見極めることができるチェックリストを掲載しているので是非活用してください。

~男性更年期障害のチェックリスト~

  • 体調がすぐれず、気難しくある
  • 眠りが浅い(不眠気味だ)
  • うたた寝することが多くなった
  • 急に不安になる
  • 一つの失敗を後に引きずりやすい
  • 火照り・のぼせがある
  • 汗っかきだ
  • 動悸や息苦しさを感じることが多い
  • めまいや吐き気がある
  • 疲れやすいのに、疲れが取れにくい
  • 腰痛、手足の関節痛がある
  • 頭痛、頭重、肩こりがある
  • 手足がしびれる
  • 朝勃ちしなくなる
  • 性欲の低下を感じる
  • 体力の低下を感じる
  • 勃起力の低下を感じる
  • 集中力の低下を感じる
  • 身長が低くなった
  • 楽しい気分になることがあまりない

チェックの結果、病気でないにもかかわらず3つ以上の項目をチェックした場合、男性更年期障害の確率が非常に高いです。

また、5つ以上チェックしたのならまず間違いなく男性更年期障害です。

例外として「性欲の低下を感じる」と「勃起力の低下を感じる」に関してはこれ1つだけをチェックした場合でも男性更年期障害だと認定されやすいです。

どの項目も身近なことのように見えるので本当に危険かどうか疑わしく思う人もいますが、この身近なことが重なってしまうと体に大きな害が出やすいのです。

自分に嘘をつかずにしっかりとチェックして男性更年期障害かどうかを確かめましょう。

男性更年期障害の対策

更年期障害にならないための方法

男性更年期障害は男なら誰でもなってしまう可能性があります。

そのため日々の対策・予防が肝心であるため、自分の生活習慣から見直していきましょう。

もしかすると毎日の生活のほんのささいなことを変えるだけで更年期障害とは一生無縁な生活を送ることだってできるかもしれません。

食事を見直す

栄養バランスのとれた食事を摂る、というのが大前提です。

しかし、牡蠣・オクラ・納豆・鰻・大豆・なめこ等の精力増強効果に期待できる食べ物を効果的に食事に取り入れることでより男性更年期障害の対策・予防に繋がります。

適度な運動をする

適度な運動をすることは更年期障害の対策・予防に効果的です。

水泳のような全身運動が好ましいですが、適度なジョギングだけでも十分な効果があります。

運動をするということは体の機能を良くするだけでなく、心のリフレッシュにも繋がるので心身ともに更年期障害になりにくくなります。

ゆっくりとした睡眠をとる

更年期障害になってしまうと眠りが浅くなってしまったり、そもそも眠れなかったりという事態に陥ってしまいがちです。

そうならないために普段から規則正しい生活習慣を身につけゆっくりとした睡眠がとれる体にしておきましょう。

就寝1時間前に入浴を済ませたり、足元が冷えないようにしたりと良い睡眠導入方法は多くあります。

このとき、睡眠をアルコールに頼ってはいけません。

なぜならアルコールを摂ってから寝ることも更年期障害の原因になる可能性があるからです。

まとめ

更年期障害の予防は毎日の生活の中で少しだけ意識して行動するだけで十分です。

良く食べ、良く動いて、良く寝るだけで更年期障害と無縁になるのです。

つまり、10代・20代の頃のようなエネルギッシュな活動を心掛けていれば大丈夫ということであり、これは男のアンチエイジングということです。

健康的な生活を続けてさえいれば更年期障害に悩まされることはないので覚えておきましょう。