男の更年期障害の原因

なぜ更年期障害になるのか

男でも更年期障害になるということを知った以上、その原因も知っておかなければなりません。

男が更年期障害になるのには次のような原因があります。

  • 加齢
  • ストレスの蓄積
  • 運動不足

この3つが男性の更年期障害の引き金になりやすいです。

歳をとればとるほど更年期障害になる男の数は増えてきますし、激務に追われて球速があまりとれない人ほど更年期障害に悩んでしまうものなのです。

実はこの3つの原因にはある共通点があります。

それは男性ホルモンの分泌量が減ってしまうことです。

男性ホルモンと更年期障害

男性ホルモンは字の通り男性を男性たらしめるために必要なホルモンです。

10代でどんどん分泌量が増えていき、25歳頃をピークにどんどん分泌量が下がっていきます。

そして、40代を迎えると男性ホルモンの分泌量は一気に減ってしまいます。

この男性ホルモンの分泌量が一気に減ってしまうことが男性の更年期障害のきっかけとなってしまうのです。

男性ホルモンの分泌量が減ってしまうと体に色々な異常をきたします。

  • ED
  • 抜け毛・薄毛
  • 射精量の減少
  • 疲労がたまりやすくなる
  • 太りやすくなる

男性ホルモンの分泌量の低下はこのような事態を招いてしまいがちであり、更年期障害もこの中に含まれるのです。

分泌量の減少は個人差がありますがどんな人でも何らかの対策をしていなければ45歳を迎える頃には確実に何らかの予兆があると言われています。

また、ストレスが溜まったり運動不足だと年齢に関係なく男性ホルモンの分泌が減ってしまいがちです。

そのため、男性の更年期障害を招く確率が上がってしまうのです。

男性ホルモンの減少は毎日の食事や生活習慣を改善することで食い止めることができますが、一番良い方法は精力剤やメンズサプリメントを飲むことです。

衰えを感じ始めたら精力剤を飲んで更年期障害の予防・治療に役立ててみてはどうでしょうか。

男の更年期障害の症状

更年期障害になると危険がいっぱい

TVや雑誌などで男性の更年期障害の特注が組まれることが多くなってきていますが、一体どのような症状があるのでしょうか。

女性の更年期障害と比べてどのような症状の違いがあるのでしょうか。

多くの男性が気になっているであろう男性の更年期障害の症状を紹介します。

身体的症状
  • 体の火照り
  • のぼせ
  • 冷え性
  • 動悸
  • 息切れ
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 倦怠感
精神的症状
  • 不眠
  • うつ・うつ傾向
  • 食欲不振
ペニスへの悪影響
  • 頻尿
  • 残尿感
  • 性欲減退
  • 精力減少
  • ED(中折れ)

男性の更年期障害の症状のほとんどは男性ホルモンンが少ない時の症状と同じです。

自律神経に異常をきたすので体に目立ちにくい害が色々と出てきますが、どれも「歳だから」という理由で片付けられそうなものばかりです。

だからこそ、男性の更年期障害は多くの人に認知されにくいのです。

また、男性の更年期障害はペニスに大ダメージを与えてしまいます。

更年期障害になってしまうとEDや性欲減退、精力の減少を招いてしまうので性行為を行いにくくなってしまうのです。

さらに普通のEDや性欲減退とは違って更年期障害だと本人に改善しようという気持ちが芽生えにくいので治療できないままということが非常に多いのです。

だからこそ、自分での気付きも必要ですが、セックスパートナーによる気付きも男性の更年期障害の治療では重要になってくるのです。

これら男性の更年期障害の良い改善法として当サイトでは精力剤を使う方法をオススメしています。

通院での治療やカウンセリングも確かに効果的ですが、これらの方法だと更年期障害で悩んでいる人が完治するまで通い続けられる確率が低いのです。

そのてん、精力剤ならば毎日ただ飲むだけなので継続しやすいのです。