更年期障害と老人性包茎に関係はあるのか?!

更年期障害で包茎!?

kounenki

「更年期障害で苦しむようになってから包茎気味になった……」

と悩んでいる人は、実は少なくありません。

歳を重ねると、それまで包茎でなかったのにもかかわらず包茎になってしまうことがあります。

しかし、それは更年期障害の症状ではありません

「老人性包茎」なのです。

放置すると危ない埋没包茎

老人性包茎とは中高年になってくると発症する可能性が大きくなる包茎で、60代以降になると5人に1人がこの老人性包茎だと言われています。

厳密に言えば老人性包茎とは、加齢とともに出てきたお腹や垂れた皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、あるいはペニス自体が委縮して短くなり、そこにお腹が垂れてくることでペニスが包皮をかぶってしまうことを言います。

つまり、老人性包茎と更年期障害はまったく関係がないのです。

そのため、老いてから包茎になってしまったという人は老人性包茎の治療を受ける必要があります。

老人性包茎はペニス増大によって治療することがほとんどです。

その理由は老人性包茎とは歳を重ねることで垂れた下腹部によってペニスが見えなくなっているペニスを大きくすることでで体外にペニスを露出させることが必要だからです。

つまり、埋没した部分以上にペニスを露出させることで老人性包茎を治すということです。

ペニス増大はクリニックでの長茎手術かペニス増大サプリと呼ばれる精力剤を飲んで治療を試みましょう。

当サイトではペニス増大サプリを使った方法をオススメしています。

なぜなら、ペニス増大サプリを飲むことでペニスを大きくすることができるだけでなく、一緒に男性更年期障害までも克服することに期待できるからです。

もし更年期を過ぎて急に包茎になってしまったのなら老人性包茎の治療を試してみましょう。

また、包茎の治療はソウロウの治療にもつながるので、早漏で悩んでいる男性にもおすすめです。

興味がある人は、こちらのウェブサイト『包茎の治療で早漏を改善』で詳しく書かれているので、参考になさってください。